冷え性について


このようなことでお悩みの方はいませんか?

  • 冬になると体が冷えてつらい
  • 夏でも手足やお腹が冷える
  • 平熱が36℃以下
  • 体調をよく崩す
  • 生理不順やひどい生理痛で悩んでいる
  • 体全体がだるい
  • 肩こりや腰痛が治らない

近年、冷え症でお悩みの方が増えています。今まででしたら女性が中心だったのですが、最近では男性や子供でも冷え症の方が増えています(女性の約半数、男性の約30%が冷え症を訴えている)。

そもそも冷え症とは、“四肢末端(手や足の先)や腕や太ももなどが温まらず、冷えているような感覚が自覚される状態のこと”です。

現在の医学(西洋医学)では、冷え症は自覚症状に過ぎず、治療すべきものではないと言われています。しかし冷え症は体が冷えてつらいだけでなく、放っておくと様々な症状・病気に繋がる恐れがあります。

冷え症とは?

冷え症の方は、体温が低い可能性もあります。いわゆる低体温です。皆さんはご自身の平熱(平常時の体温)をご存知ですか?体温は、36.5~37.0℃であるのが普通で、それ以下だと低体温になります。

人間の体は本来、36.5℃以上で正常に働くように出来ています。体温が1℃下がると、代謝が落ち老廃物の排出する力が落ちたり、痩せにくくなったり、病気になりやすくなったりします。

それだけでなく、体温が1℃下がると免疫力が30%以上も落ちてしまいます。ガン細胞は35℃で最も増殖しやすいと言われています。このようなことから低体温は、生活習慣病・アレルギー・ガンなど様々な病気を引き起こします。

体温が上がるとどうなるのか?

体温が1℃上がると、免疫力は5~6倍アップします。そのため、体内にウィルスや細菌などの異物が入った際(風邪、インフルエンザ、肺炎など)、体温を上げて異物と戦ってくれるのです。平熱を上げることは、健康維持に繋がるのです。

これらは病気の時に限りません。例えば打撲や捻挫をした際、腫れますよね?この炎症反応も、患部を良くする反応です。

最後に

慢性的な痛みがある部位は、慢性的な炎症が起こっています。そのため痛みが出ています。体温が低く、血流が悪いとその部位の修復は遅くなり、なかなか痛みが取れません。

そしてそのまま放っておくと、痛み・痺れなどが激しくなってしまい日常生活を送るのも辛くなってしまいます。

当院では、自律神経を整え、血流を良くすることにより、冷え症を改善します。さらに低体温を解消することで、皆様に健康な体を手に入れていただきます。冷え症でお悩みの方、今すぐご相談ください。

施術料金

初診料 2,000円+税
施術料 4,500円+税

各院の先生方からの推薦

実績のある各院の先生方から頂いた推薦文を掲載しております。

まずはお気軽にお問い合わせください。

当店は電話予約の他にLINEでのご予約も可能となっておりますので、ぜひご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA